深夜執筆中

アル中SEが仕事の愚痴を垂れ流す掃き溜めみたいなブログ。最近は食レポや酒レポにも手を出しています。

6年前の今日を自分なりにまとめてみた。

本日で、あの東日本大震災から6年経ちました。別に節目の年というわけではないけど、タイミングとしては節目の日っていうやつだと思います。当時の日記とかあるんですけど、その当時からTwitterにも色々書いてた気がしてて、そういった部分を整理して1日の日記として書いてみたい!記憶を風化させてはならない!という思いが出てきたので、書くことにします。

なお、当時の日記はこの辺をご参照下さい。外出先ではガラケーでシコシコ更新していた時代のものになります。

taccyan0209.hatenablog.com

taccyan0209.hatenablog.com

それは、地震の数日前に遡ります。酔った勢いで会社説明会を予約しました。それが、地震の日にお世話になった、横浜ランドマークタワーにある某会社なのです。花金だし、帰りにラーメン二郎横浜関内店食って、電車の中が酒臭い中ニンニクブレスキメてカオスにしてやろう、とか考えていました。やろうとしていることが当時から変わってなくて草が生えますね。

朝飯にはスパゲッティを食ってから、電車に乗って出発しました。13時半からの説明会だったけど12時半には既に到着しているという有様。

会社説明会は、説明会+先輩との座談会+筆記試験という組み合わせでした。あれ、筆記試験やるんだっけ?wwwさすが酔った勢いで予約した説明会、やる気の無さが感じられる。そもそも今日横浜来たのって半分横浜観光が目的だったりしますからね。

説明会が終わって、先輩社員を囲んでの質問攻めコーナーのときです。地震発生は14:46だけど、横浜が揺れたのはその1~2分後ぐらいだったかな?高層ビルということで、グラグラ揺れるというよりは、ものすごく横にゆ~っさ、ゆ~っさと揺れるんですね。これが免震構造ってやつか!っていうことを後から知りました。

揺れ始めたときは囲む会が一時中断となったんですが、その後、揺れが収まったので囲む会が再開されました。先輩社員の方の「~~というのが自信につながりました」という発言に対して「あっ、地震だけにw」などと笑いを取る俺。今だったら絶対にそんな発言できねーな、色んな意味で。このときは、まだ「ちょっと大きめの地震があったのかな?」ぐらいの認識でした。

囲む会が終わったあと、残りは筆記試験のみという状況でしたが、全体の取り仕切りをしていたその会社の人事部の課長(当時)より、東北地方で大きな地震があったこと、そして大きな津波が発生していることを知らされました。今であれば、スマホでニュースサイトとかに繋いで状況の把握なんかもできるんですけど、当時はまだガラケー全盛期でAndroidiPhoneも徐々に出て来始めたかな?ってころ。ガラケーでネットが出来ないわけじゃなかったけど、今みたいにいつでもスマホ開いてwebブラウザを閲覧するという文化がなかった時代。PCじゃないとなかなかネットとかしなかったよね。そんなに大きい地震じゃなかったのかな?っていう思いもあってガラケーから自身の情報を調べはしなかったけど、課長の発言により結構ヤバイんじゃね?って感想を抱きました。窓の外から景色を見てみると、なんか横浜駅の方から煙上がってるの見えたし!!当日のTwitterの自分の発言を見てみると、「関内二郎が臨時休業でないことを祈るのみ」などという極めて平和な内容が書かれていました。

その後、「さっきの地震で電車も全然動いていないし、ビルのエレベーターも止まってるから、筆記試験、やりましょっか?」ということで、筆記試験やってました。筆記試験始まるまでに何回も余震あったということで、試験中に余震が来ても気にせず問題を解いていました。

筆記試験が終わってから、また待機。隣りに座ってた人と二郎トークで盛り上がりました。やめろ、お腹空いちゃうだろ。人事部課長より以下の指示を受けました。

  • 家が近くて歩いて帰れるような人は帰ってもいいよ。
  • 電車がいつ動くかわからないし、JRは終日運転見合わせとか言ってるよ。今晩は会社の会議室を開放するから、そこで泊まってもいいよ。

流石に家がすぐそこっていう人はほとんどいなかったので、説明会やった部屋とは違う部屋にみんなで階段で移動した。その部屋では、ネットに繋がったノートPCとプロジェクタ、そして非常用のお茶が振る舞われた。ネットでは、早く電車動き始めないかなー?ということで、ジョルダンライブのページがずっと映し出されていた。電車のリアルタイムな運行状況がわかるので、オススメです。

www.jorudan.co.jp

しばらくして、とある学生が「これから買い出しに行くんですけど誰か一緒に来ませんかー?」と募集をかけていた。俺は当時(今も)バリバリの陰キャだったので、その手には乗らずにずっと待機してたんですが、買い出しに行ってきた人たちは大量のカップ麺を買ってきてくれました。お前ら有能だな!みんなお腹空いてたんでしょう、ボリュームある系からなくなっていきました。俺が取ったのはカップヌードルライトでした。うん、カロリーオフ、おいしい。フリスクしか持ってなかったから、飢えちゃうとこだったぜ。

そういえば、目の前の女の子が違う会社から内定出たって同じ大学から来てる野郎に言ってて喜んでたな。あそっか、俺今日そう言えば就活で来てたんだっけ。震災という特殊な出来事を体験している中、久しぶりに現実に戻れました。まぁ、当時は「内定!?いいな~!!」って内心思ってましたけど。

仕方ない、明日はバイトだけど今日は会社に泊まるか!!って覚悟を決めていた22時過ぎ頃。ジョルダンライブで地下鉄が動き始めたという情報が流れました。おっ、これは我らがみなとみらい線もそろそろ動き出すんじゃないか?と期待し始めたその矢先、みなとみらい線が動き始めたとの情報が入ってきました。他の私鉄も徐々に運行を再開したとか。これに沸き立つ周りの人たち。JRは終日運休が決まっているので、JRを使わない人たちは会社を離脱して帰ることにしました。

その後は、超満員電車となったみなとみらい線(渋谷行き)に乗って、そこから東横線直通、そのまま渋谷駅まで向かいました。その当時は京王線沿いに住んでいたので、渋谷からは井の頭線に乗って帰ります。会社説明会の会場からは何名か一緒に出てきたんだけど、この時点では俺とあともう一名野郎がいるっていう感じになってました。

ただ、渋谷駅の混雑っぷりが尋常ではありませんでした。駅構内はロープで完全に通路が作られてその通路をぞろぞろと移動、そして井の頭線の乗り場がある渋谷マークシティに至るハチ公向かいの長いエスカレーターなんですが、そこへ至るために数百メートル、道玄坂の方まで行列が伸びていてびっくりしました。二郎もびっくりです。並んでる途中、ふと、三菱UFJ銀行のATMコーナーを見てみると、ATMコーナーの中で夜を明かそうとしてる人たちの姿も。会社とか学校に待機できない、単純に遊びに来たような人たちって、公共の施設以外だとどこにも留まるところがないってことですよね。

結局、帰ってきたのは夜の2時過ぎ。最後、最寄り駅の改札は運賃いらないからもう改札から勝手に出ていっていいよ、っていう状況だったんですが、俺は律儀にお金を払いました。こんなに遅い時間になっても、運転再開してくれた鉄道会社への感謝の気持ちも含めてね。

部屋に帰ってきたけど、棚が倒れたりとか物が散乱しているとかそういった様子はなし。ただ、テレビがずれてたり、流しに水入れて放置していた器の水がだいぶなくなったりしてたので、それなりに大きな揺れだったんだなぁと思いました。

そして、そんなTVをつけると、津波の画像が延々と流されてるんですね。うわぁ、って思いながら寝ました。明日は朝からバイトだったんですよね!一応、バイト先の社員の方からは明日は無理して出勤しなくていいよ、とは言われてたものの、あ、大丈夫っす、行きます!ということで行くことにしました。

そんな、東日本大震災のあった日の出来事でした。若干次の日まで突き抜けちゃってるのはご愛嬌ね。

冒頭にも書きましたが、今日であれから6年。あのときは主に東北地方で甚大な被害が発生しましたが、今後、いつ首都圏に直下型地震が来るかわかりません。この震災の記憶を風化させることがないよう、また今後来る可能性の高い地震に対して、自分たちにできることをしっかりとやっていこうと思います。

そんなことを、引きこもりながら思ってたのでした。予定のない休日っていうのはダメですね、二郎食いに行く気すら薄れて家に引きこもっちゃう。ダメ人間の出来上がりです。

それでは!