読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深夜執筆中

アル中SEが仕事の愚痴を垂れ流す掃き溜めみたいなブログ。最近は食レポや酒レポにも手を出しています。

ポルノグラフィティ「Centurylovers」にも登場してたボブ・ディラン氏の「風に吹かれて」

ノーベル文学賞が発表されましたね。

テレビでは「今度こそ村上春樹か?」などと盛り上がってましたが、結果として受賞したのは米国のボブ・ディラン氏でした。「風に吹かれて」などでお馴染みのボブ・ディラン氏の文学的な詞が広く人々の心を掴んだための受賞と言われています。

そんなボブ・ディラン氏ですが、「これがボブ・ディランの曲か!」と意識して聞いたことはありません。

ただ、部分的に知ってるところもあったりします。個人的に最も印象に残ってるのは、昔のポルノグラフィティの楽曲「Centurylovers」に出てくるこの歌詞です。引用元は、ボブ・ディランの有名な曲である「風に吹かれて」の一節です。

ディランはこんなふうにうたってる

そうさ「答えは風に舞ってる」って

「Centurylovers」と「風に吹かれて」の曲調は180度違うと言ってもいいかもしれませんが、そんな「Centurylovers」に引用されても違和感がなく、それでいて「答えは風に舞ってる」という独特の言い回し。すごいですね。

こんなふうに、ボブ・ディランの歌詞は、日本の有名なミュージャンからも引用されるぐらいの影響力を持っていたということがわかります。

ともかく、ノーベル文学賞受賞、おめでとうございます!