深夜執筆中

毎日ゾンビのようにしょーもない記事が上がってくる掃き溜めみたいなブログ。謝罪なしでは生きられません。

夏バテの定義って

暑くてやる気が起きなかったので、テストのあとは研究室でやる気のないスライドをパパッと作って家に帰った。暑さによるやる気のなさはスライドを作る気力すら奪っていくのである。
昼飯はそば+アイスである。麺類+アイスってああ夏っぽい、と思うと同時に「昨日もこんな昼飯じゃなかったっけ?」「あっそういえばおとといのバイトの休憩も……」とか思った。少し悲しくなった。
それから昼寝。2時間ぐらいうつらうつらしてたんだけど、なんかかなりの時間寝た気がした。夏の昼下がりのうたた寝、ってやつか。至福のひとときだったなー。
5限目は院生が講堂に集結していろんな専攻の先生の話を聞く授業。もうレポート全部出した俺はずっとボーっとしてるのでした。出席のためとはいえ、これはなかなか無駄な時間だなぁ、とか思った。
ポケモンやったけど、途中でフリーズしてやる気をなくした。というわけで現在こうして日記を書いているのです。
そしてこの日記のあとは、バイト先の皆さんで遊びに行ってしまうのでした。ボーリングをして騒ぐまではいいのですが、そのあと居酒屋に行ったのが問題だった。まぁ予約してたので行かなきゃいけないんですけれどもー。
まず、何杯飲んだのか覚えてないのです。2桁以上は飲んだ気がするのですが、正確な数は知らん。とか、初めて一緒に酒を飲んだ人の性質の悪さを知ったりとか、「お前プレミアムかよwww」とか、本当に酷かった。おまけにお店を出たのが午前6時とか、これはどう見てもオールしてるじゃないですか!そしてどうしてこういうことを今日の日記に書けるのかというと・・・・まぁお察し下さい。
それでは、“明日の”日記にてお会いしましょう。さよなら!

広告を非表示にする