深夜執筆中

アル中SEが仕事の愚痴を垂れ流す掃き溜めみたいなブログ。最近は食レポや酒レポにも手を出しています。

月末に背水の陣

演習の課題が意味不明すぎて困る。
今回の演習の課題のテーマは「離散数学」なんだが、それって1年生のころに習った科目なんですよねー。
しかも、先生の言ってることが意味不明・テキストが意味不明・離散数学自体意味不明という意味不明三冠王を取ってしまうような科目であり、俺が単位を取れたのも奇跡としか言いようがないほどキライな科目だったのでした。
2年生になってからは離散数学もなく、「平和だ!」とかノンキに思っていたら、演習で思いっきりあるじゃないか。がーん。
演習の課題を解こうにも、頼りの綱であるテキストが意味不明であり、完全に八方塞なのである。え?あの、全然解けないんですけど。


こりゃ、解けないまま提出とか、そういったことになるんでしょうかね。
おそらく、自分ひとりだけでは絶対に解けない気がする。ホント、これだけはどうしようもない。
明日が提出期限という時点で何かが終了している感があるのだが、明日やるしかないですよね。でも、明日はあさってに控えるプログラミング通論の中間テストに向けて必死で勉強しなくてはいけないのである。勉強せずに行ったら文句なしで死亡するのでどうにか対策を講じなければ、もはや「死」あるのみである。あぁ、この表現久しぶりに使った。


とりあえず、今日は徹夜でプログラミングの試験勉強をして、明日友達と一緒に演習の課題をやったほうがいいんでしょうかね?
明日はなんとバイトが入っているのでそんなにのんびりしてはいられないのである。嗚呼・・・・。
よし、そうしよう!というわけで今から酒を飲みながらプログラミングの勉強するんでヨロシク!

広告を非表示にする