深夜執筆中

アル中SEが仕事の愚痴を垂れ流す掃き溜めみたいなブログ。最近は食レポや酒レポにも手を出しています。

先輩・後輩による三角関係

大学には、いろんな人がいる。
同い年はもちろん、浪人生もいるし、社会人の人もいたりする。
そんなとき、最も困るのが「先輩・後輩」の関係である。
あ、別に困っているわけじゃないか。ただ、どうも変な感じなのである。

例えば、今年新しく会計委員に入ってくれた彼。仮にM君としておこう。
彼は俺と同じ学科で、この前の新歓オリエンテーションのときにも見かけた。
しかし、彼は自己紹介のときに「僕はこのK君と同級生です」と言った。そう、つまり浪人して我が大学に入ったのである。
「このK君」というのは、生協学生委員の人。俺の同級生であり、友人でもある。

ここで、俺とKとM君との三角関係が生じる。

○俺⇔K
同級生として、お互い普通にタメ語で喋る。

○俺⇔M君
先輩後輩の関係であり、俺はM君にタメ語を使うが、M君は俺に丁寧語。
でも、俺とM君は同い年のはずなんだよね。

○K⇔M君
どうなんだろう?
もしもKとM君が全くの赤の他人であったら、普通に先輩後輩の関係に落ち着くわけなんだが・・・・
同級生なわけだから普通にタメ語で話すのかな?いや、そうじゃないと変じゃん?
ってか、KとM君が話しているところを見たことがない。

あーっ、もう!
複雑すぎる!

要は、俺とKは同級生なんだが、M君は俺に対しては丁寧語、Kに対してはタメ語で話している(はず)なのだ。
同じ「先輩・後輩」のはずなのに、なんか変じゃねぇ?
ってことです。

よくわかんないからこの話題はここらへんで終了とさせていただきます。

明日からは学校ですな。
なんかこの土日で休んだ記憶がない。
来週は身体測定なんかもあって比較的楽な週となりそうです。
・・・・・あっ!ちょっと待った!
来週からサークル援助金の書類の監査が始まります。
ちっとも楽やないやん!!