深夜執筆中

毎日ゾンビのようにしょーもない記事が上がってくる掃き溜めみたいなブログ。謝罪なしでは生きられません。

古い食材の処遇について

ちょうど1年前に買った油。
炒飯を作るときに使ったのだが、ボトルにこのような記載があった。

賞味期限
19.3.30

今日の日付を確認してみよう。
今日は、平成19年4月8日です。

・・・・油の賞味期限が切れてるッ・・・・!

しかし、案ずることはない。
消費期限ではなく賞「味」期限なのだ。
味の保障はできないけど、使えますよ!ってことだ。
まだまだ大丈夫!

2週間ぐらい昔に買ったタマゴ。
パッケージには以下のような記載があった。

賞味期限
19.3.31

今日の日付を・・・(省略)・・・です。

・・・・タマゴの賞味期限も切れてるッ・・・・!

このタマゴ、「生食用」らしいんですね。
つまり、すき焼きにどろりん♪ってかけたり、卵かけご飯に使ったりするものである。
賞味期限の表示の下には、「賞味期限後は充分加熱調理してください」と表示されている。
充分に加熱調理すればいいんだろうけど、賞味期限を1週間以上過ぎているというのに大丈夫なんですかね?
俺がただノミレベルの心臓の持ち主で心配性なだけなんですかね?たまに心臓に毛が生えてるんじゃねとか言われるけど。
いいよ、そんなに言うんだったら明日の朝はプレーンオムレツ作ってやるから!覚悟しとけよ!

帰省する前に買ったパスタ。
もう買ってから1ヶ月以上経っている。
袋は開いたまま。夏場だったら一瞬でカビが生えそうなんですが、正直な話こんな乾燥した季節だったらカビなんて生えないと思う。・・・いや、今日の昼ごろまでは思っていた。

ところが・・・・。

お昼過ぎにパスタでも食うか、っつーことで袋からパスタを出したら、麺にカビが生えていました。
「ぎゃー!」と一瞬思ったんですが、「少ししかカビ生えてないし、まぁいいんじゃね?」ということでそのままお湯の中にドボン。
麺の硬さを調べるために茹でている途中にパスタを1本取り出して食べてみたんですが、いつもは感じることのできるパスタそのものの風味を感じることができなかった。うあ、なんか嫌だなぁ・・・。

しかし、茹で上がったあとソースをかけて食べてみればどうってことありませんでした。
変な味がしたり、お腹痛くなったりすることなんかない。っつーか明太子のソースうめー。
ただ、バイト先での検便に引っ掛かっちゃうかも。ま、どうでもいっか。

じゃあ明日から学校なんでもう寝ますね。
明日から2年生。新鮮な気持ちで臨むことができるのだと思います。
ただ、その新鮮な気持ちがいつまで続くのやら。ああ、なんかダメですね。いきなりネガティブになっちゃダメですね。
もっとポジティブに!それが今学期の私の目標です。

広告を非表示にする